読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

97式改LAPDblog

パトレイバー好きなおっさんが、軍事や思った事を徒然書く日記です 旧ブログ(FC2ブログ)から引っ越して来ました

軍事教団の振る舞いにゲンナリする人が多いのでは無いんかね

昔、旧ブログの方でネット上(特にTwitter上で)で所謂軍事クラスタこと軍クラと呼ばれる人達についての記事を書いた事がある。

 

「軍事クラスタ」にはTwitterは向いてない - 97式改LAPDblog

 記事を書いてから大分経つのだがあいも変わらず彼らは今日も不毛な論争を他人に仕掛けている。この現状を見るにつけ毎度の事ではあるがゲンナリさせられる。そしてこの様な状態がいつまでも続く状況でいいのかしら?と感じてしまうのである。

最早手のつけようがない軍事新興宗教団体

私は今迄彼らをネット上でも呼ばれている軍クラと呼称してきたが、ここ最近の彼らによる自身の気に入らない意見や記事などを書いたり呟いた人々をただ単に気に入らないので排除したいが為だけに無闇矢鱈に喧嘩をふっかける集団と化し、最早軍事界隈のある種の新興宗教団体化しているのを見て、私は彼らの事を軍事クラスタこと軍クラと呼ぶのでは無く軍事宗教団体こと軍事教団と最近は呼称をしている。

そして一番問題なのは彼ら軍事教団の一派を咎める又は止める者が無く、さらには軍事教団の人達とつるむ一部軍事評論家の方が居る事が彼らの無知暴虐ぶりに輪をかけている状況である。

遠回しの批判と距離をおいた付き合いをする軍事評論家の方達

上の部分で一部の軍事評論家の方が軍事教団一派とつるんでいると書いたが、大部分の軍事評論家・ライターの方達は軍事教団一派とは距離を置いて接している。無論大部分の軍事評論家・ライターの方達は軍事教団の無知暴虐ぶりに黙している訳では無く、軍事教団一派を直接名指しこそしないものの自身のブログやTwitter上にて軍事教団を批判若しくは咎める様な内容の記事等を書いたり呟いたりしている方達もいる。また遠回しの批判等はせずとも軍事教団と距離を置いて接している方達が大勢である。

しかし軍事教団一派への遠回しな批判や揶揄が肝心の軍事教団本人達に対して何らかの抑止力になっていないのが現状で有り、少なくとも軍事教団の人達はそれらの批判を全く理解していないのが現状と言わざるをえない。

将来的にこの様な状態が続いてもいいのか?

最後に、現在の状態がこのまま続いても良いと考えている人は(軍事教団の人達を除いて)誰もが思っていないのが現状であろう。ただ現状を変えるのは並大抵の事では無く難しい話ではあるがこのままズルズルとこの状況が続けば将来的に見て軍事分野においてマイナスにこそなれプラスになることは一つも無いと言える。