読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

97式改LAPDblog

パトレイバー好きなおっさんが、軍事や思った事を徒然書く日記です 旧ブログ(FC2ブログ)から引っ越して来ました

「軍事クラスタ」にはTwitterは向いてない

Twitter界隈に於いて「軍事クラスタ」略して軍クラと呼ばれる人達がいる。軍事クラスタの明確な定義は無いがTwitter上では主に何故か異様に戦車を賛美している・(米国の)オスプレイも賛美している・国産兵器を信仰している人達の事を総称して軍クラと呼ばれている。後、誰とは言わないけど某軍事ブロガーとその取り巻きの人達に対して使われる事が多い。

軍事クラスタと呼ばれる人達の共通の特徴として以下の様な点がある。
1.異様に攻撃的でなおかつ非常に排他的である
2.自身の考えが絶対的正義と思っていて自身の考えに反する人物に対し常に喧嘩を仕掛ける
3.議論を勝ち負けの二元論でしか考えていない
4.自身の過ちを絶対に認めないor過ちを認める=敗北と思っている
と以上の様な共通点が見られる傾向が非常に高いのである。

まず最初に結論を言うと彼らの様な所謂軍事クラスタと呼ばれる人達はTwitterをするのには向いていないと言わざるを得ないのである。はっきり言えばブログのみに専念していた方が良いのでは?と感じるのである。

Twitter上には著名な軍事評論家などの方々もおられるが殆どの方は軍事クラスタの面々の様にむやみやたらに喧嘩を売ったりするような不要な事はせず慎重にと言うより炎上しそうな発言はあまりしないという点で軍事クラスタの人達とは一線を画している人が殆どである(まあ異論はあるかもしれませんが)。

この二組の大きな違いはやはり“プロ”と“アマチュア”であると言っても過言では無いと思われる。基本的にプロの人達は発言には慎重かつ冷静に物事を見た上で発言をするのが基本でありだからこそプロの軍事評論家などとして活動出来るのである。一方軍事クラスタの面々は物事を一点のみ平たく言うと兵器のスペックだのカタログデータだのと所詮兵器オタクどまりのアマチュア目線でしか物事を語る事が出来ないのである。

結局アマチュア目線でしか物事を語れないので軍事クラスタの面々は軍事を語るのでは無く兵器単体での話しか出来ずそれに対する異論や反発に対して異常なまでに耐性が無い為に結果不毛な神学論争になってしまうという事態が発生するという惨状になってしまう。

この手の人達はブログ等で活動してるのみならまだ周囲に醜態を晒さずにすむが(それでも醜態を晒すのには違いないけど)Twitterは手軽に呟ける反面今まで知らなかった人達に対しても醜態を晒してしまうのである。
トドのつまりこの手の人達はTwitterというツールとは非常に合わないまさに水と油なんだよね。だからあえてTwitterをしない人もいる訳で。

あと最後にいわゆる軍事クラスタと呼ばれる方々の意見が一つでも現実の安全保障政策に反映された事ってあったかね?Twitter上でいくら吠えても現実の安全保障政策には何も反映されなかった典型的が戦車削減な訳なんだよね。