読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

97式改LAPDblog

パトレイバー好きなおっさんが、軍事や思った事を徒然書く日記です 旧ブログ(FC2ブログ)から引っ越して来ました

予備自衛官試験は高校入試かね

防衛省が毎年行っている予備自衛官試験って必要なのかねと感じる。というより予備自衛官制度自体必要無いと思うんだよね。

前に地本の人から聞いた話だが自身の地本に正規隊員試験を受けに来た受験者に正規隊員試験の前に試験の雰囲気や出題傾向を学ばさせる為に予備自補試験を受けさせるんだそうだ。

予備自捕試験では面接試験もあるが面接官役の自衛官も一応正規隊員試験を受けるか聞き予備自捕試験に合格したら予備自捕で入るかと聞くがあらかじめ地本の人から言われた通りYesと答えさせる。試験に合格しても正規隊員試験を理由に辞退させるのだそうだ。

まあ予備自衛官の試験の実態はこんなものだ。例えて言うなら本命の高校を受験する前にとりあえず力試しにどこぞの高校入試を受ける様なものである。

また現場の正規隊員も予備自など当てにしていない。某駐屯地のニ曹なんかは「戦争で予備自なんか招集する事態なぞ既に日本が負けてる状況」と酷評する位であった。

防衛省災害派遣時くらいしか役に立たない予備自制度など辞めて今必要なサイバー部隊専門要員や各国語に長けた人材を集めた方がよほど役に立つ。

なに特殊技能隊員制度とかの名称にしてサイバー部隊専門要員や語学要員を採用すれば良い。サイバー要員や語学要員には別に戦闘訓練や格闘訓練などさせる必要も無い。それぞれの仕事に専念させれば良いだけだ。階級呼称も特技三尉とかにすれば済む。少なくとも殆ど役に立たない予備自衛官よりはよっぽど役に立つと思うよ